この街のエネルギーになりたい

住宅・リフォーム 介護保険リフォーム

ご存知ですか?介護保険を利用してリフォームができます。

自宅に介護者がいる場合、住み慣れた家も不便に感じることが多くあります。トイレや廊下、階段などの手すりの取り付け、床の滑りの防止、引き戸への扉の取替え、トイレの拡張など、高齢者が住む住宅の改装費は介護保険に申請すれば、20万円までの住宅改修費が給付されます。20万円を超える場合は20万円を超える分は自己負担となり、20万円に満たない場合は、総額20万円を限度に次回に繰り越されます。介護度が3段階以上上がった場合や住宅を変わった場合、新たに20万円まで利用できるようになります。介護保険を利用した住宅改修もチョープロまでお気軽にご相談ください。

ちょっとした動作をサポートしてくれる室内外の手すり

年齢を重ねると、足腰やひざが弱り、腰掛ける、立ち上がる、歩くなどちょっとした動作にも負担がかかってきます。お風呂場の湯船や廊下などに手すりをつけると、動作が楽に行えるようになります。
費用の目安:¥14,000~

段差の解消。ほんの数センチの段差も大きな障害

普段の生活では気がつきにくい段差も、歩行が困難な方や車いすを利用する場合、ほんの数センチの段差が大きな妨げになり行動範囲が狭められてしまいます。室内でも転倒して大けがをしてしまうケースも。室内の数センチの段差を埋める小さな工事から、車いすが通れるようコンクリートでスロープを作るなど工事が大掛かりになるものもあります。

換気扇・レンジフード
トイレのリフォーム

油汚れがべっとりと付き、掃除に大変な手間がかかる換気扇ですが、最近はレンジフードの人気が高まっています。コンロに覆いかぶさるように設置されるため、煙やにおいを集める能力が高く、フィルターがあるため油汚れがファンにつきにくいという特長があります。お手入れのしやすさと、デザイン性にも人気が集まっています。

車いすで利用できるように和式から洋式に作り替えたり、トイレの面積を広くして使いやすくすることができます。

その他、様々なリフォームを行っております。住宅のことでお困りのことがありましたらなんでもチョープロへご相談ください。