「この街のエネルギーになりたい」
日々チョープロでは様々な出来事が起こっています。
そんな日々の出来事とお知らせをお伝えする公式ブログです。

2020.11.3

ヤギと環境エネルギーの優しい関係-SOL de長崎 柿泊-

SOL de 長崎 柿泊

長崎市総合運動公園の隣接地にある「SOL de 長崎 柿泊」は2016年8月に稼働を開始した当社のメガソーラーです。

面積4万1964㎡、最大出力1.9万w、年間約161万kwhを発電します。

運動公園の敷地内では、電柱を立てることが禁じられていたため、送電ケーブルと通信用の光ファイバーを保護管に収め、地面から浮かせるように配置するなど敷地内への配慮を行っている発電所です。

今日も元気に除草作業(草を食べる)を行う

太陽光発電所で働く除草係のヤギたち

そんな柿泊の発電所を訪れると7匹のヤギがのどかに草を食べている様子が目に入ります。

このヤギたちは、2018年にSol de 柿泊にやって来ました。

当初は2匹だけでしたが、今年3月に家族が増え現在では7匹となっています。

今日も元気に除草作業(草を食べる)を行う

現在ヤギたちはSOL de柿泊の除草員として、発電所に伸びる草を食べ「除草作業」をしてくれています。

草が伸びると影ができ発電効率がさがるため、細かな手入れが必要となります。

そこで彼らが毎日草を食べ除草をしてくれるのです。

特に梅雨から夏にかけては草が伸びるので、ヤギたちは毎日大忙しです。

ヤギと飼育員の信頼関係

橋さんが「おーい」と呼ぶとヤギたち駆け寄ってくる

普段の面倒は飼育員の橋さんが行っており、愛情深くお世話する橋さんのまわりにはいつもヤギたちが集まってきます。

「水は足りてるか、ケガしていないかと、体を拭いたりしながら彼らの様子を見ています。この時期は暑いですが、ヤギは架台の下などで涼んでいますよ。冷えたコンクリートが気持ちいいのだと思います。」と橋さんは話します。

この日はヤギたちにネームプレートをプレゼントしました。みんな興味津々。
ネームプレートをプレゼントされ嬉しそうなユキちゃん

環境エネルギーの導入はCO2並びに温室効果ガスの削減が目的ですが、ヤギによる除草もCO2の削減など地球環境へ配慮しています。

彼らもまた環境を気づかい、メガソーラーを守る大切なチョープロの仲間です。

これからも可愛いヤギの成長についてもご紹介していきます。

環境エネルギー メガソーラー

editor :mori